ローンの審査での個人の信用力

ローンの審査の一つの情報としてブラックリストがあります。ブラックリストとは、滞納があったり、あるいは債務整理をしたりした情報の事を指します。正確には「個人信用情報」と呼び、個人信用情報機関と呼ばれる会社がその情報を管理しています。ローンに申し込みをすれば、金融機関は個人信用情報機関に問い合わせ、そして過去に滞納や債務整理がなかったかどうかを確認することになるのです。
もしも、そこで過去に色々な情報があった場合には、ローンの審査に通らないのです。
過去に自己破産などの債務整理を行った場合には、その情報が登録されます。借金をして返済が遅れた場合には、すぐに登録されることはありませんが、3か月くらい遅れると登録される事が多いようです。
クレジットカードの支払いが遅れた場合にも、同じように登録されることになります。

この情報は7年くらい保存されることになります。ですから、過去にこのような事があった場合には、しばらくローンを利用できないでしょう。個人信用情報機関の情報は多くの金融機関が共有しています。ですから、ある金融機関でローンを利用していて、債務整理をしたり滞納をしたりした場合、他の金融機関でローンを利用する場合にも審査に通らなくないのです。
金融機関はこのようにして信用力を判断します。どうしても審査に通らない場合には、ブラックリストに掲載されている場合もあるでしょう。このような場合には、時間が経つのを待つしかありません。

Copyright 2018 ローンを組むときの審査について知りたい All Rights Reserved.