金融機関はローンの審査を行います

ローンは融資に当たり金融機関の場合は審査をしますが個人破産の経験の有無を調査しているのであります。破産者は金融機関のローンを利用できない事になっていますが、ある一定期間を除けば、あとは利用することが出来るようですので、その期間中は住宅やマイカーの融資を却下されることになります。その期間中である、あるいは無を審査しています。また高額な買い物ですので頭金の有無も調査していると思います。

クレジットカードでも信用調査をしているのですが個人破産の有無の経歴を調査していると考えます。勿論、取引銀行で口座を開設して預金していることが第一条件であることは言うまでもありません。個人であれば勤務年数を調査しますが最低でも5年以上の勤務している事が大事ではないかと思います。金融機関は融資をしていますので信用調査をするのは当然ですが例えば返済出来ない人に融資をすれば返済の見込みがありませんので、そのような人が多いと費用や手続きをだけになってしまいクレジット会社や金融機関が破綻する事になってしまいますので、それを防ぐために個人や自営業者の信用調査をする必要性があります。

このような事から個人の信用があることでクレジット会社や金融機関は融資をしてくれるのです。
個人が金銭を貸す場合でも過去歴から返済をしない人に貸す人はありませんので、金融機関も同じことをしていると考えれば納得すると思います。金融機関と取引していても調査をするのですから一見さんに融資するのですから猶更、調査するのは当然のことです。

Copyright 2018 ローンを組むときの審査について知りたい All Rights Reserved.