ローンを組むための審査には他社での借入が重要

ローンを利用して融資を受けるためには、当然審査に合格しなければなりません。審査の結果不合格ですと、融資をしてもらえないという事になります。そして、その審査には一定の基準が有ります。その一つが他社からの借り入れです。

それは、あるローン会社での借り入れの診断というサービスによって証明されます。そのローン会社では、あなたの生年月日や年収や他社の借入状況などを入力すると借り入れが可能か否かの目安が画面に出てくるのです。
試しに、私の情報を入力してみます。ちなみに、私は他社からの借り入れはゼロなのでその情報を入力する事となります。そして診断するというボタンをクリックすると、どうやら私の場合は融資が可能なようです。
もっとも、このローン診断では微妙な言い回しが用いられる事が多いので100%ローンに通過する否かは定かではないのですが。

それでは、また入力画面にまで戻ります。今度は、他社での借り入れが50万円あるという情報を入力してみます。すると、今度は融資可能かどうかが怪しいかもしれないという結果が出てきました。すなわち、前述のように他社の借入状況はローンの審査に影響があることを示唆しているわけです。
それでは、年収を1000万円にしてみます。そして他社から50万円の借り入れがあるという情報を入力して、診断してみます。そうすると、今度もまた怪しいかもしれないという結果が出てきます。以上から、ローンの融資では年収などの要素よりも他社での借り入れが少なからず関係しているという事になります。一つの参考にしてみて下さい。

Copyright 2018 ローンを組むときの審査について知りたい All Rights Reserved.