ローンの審査と金利の関係

ローンの審査と金利には一定の関係を認める事ができます。ローンの審査が厳しいと金利は低く、ローンの審査が甘いと金利は高いという傾向があります。これは統計的な理由があるのです。
審査が厳しいというのはどういったものなのかというと、一流の企業に正社員として勤めていて、ずっと働き続ける事ができるのであれば、きちんと返済できるでしょう。金融機関としては、きちんと返済をしてくれるのであれば、積極的に貸そうとするのです。
金融機関はそれによって利息を得られるわけですから、これは当然のことでしょう。ですから、きちんと返済する人に対しては、金利を低くして借りやすい状態を作ってくれているのです。

ローンを提供している金融機関の中では、銀行がもっとも審査が厳しいという傾向があります。そのために、低金利で借りる事ができるのです。
消費者金融は審査が甘いですが、金利は高い傾向にあります。法律で定められている上限金利いっぱいの金利での契約しなければならない事も多いのです。
借りる側としては金利は低いほうが良いですから、申し込みをするのなら、まずは銀行のローンを申し込むべきでしょう。それで落ちれば次は信販会社や消費者金融に申し込むというようにするのが良いでしょう。金利については審査のときに決定されることになりますが、取引実績によっても変化する事もあります。借りたものをきちんと返済していれば、金利を低くしてくれる事もあるのです。

Copyright 2018 ローンを組むときの審査について知りたい All Rights Reserved.